産科医療接遇のプロフェッショナルを育成するBCラボ

[ ケーススタディ ]

悪阻で体調の悪い方のご来院

現役バースコンシェルジュが伝授する「心を掴む接遇」の例

待合管理

バースコンシェルジュ 磯部

来院時から顔色が悪く、待合エリアでもぐったりされていました。
声をかけると、食事はもちろん、水分を摂ることもできなくなったとのこと。
待合が混雑していたため、最低限のヒアリングをし、横になれる場所をご提供。
助産師に引き継ぎ、私たちコンシェルジュはその方がお帰りになるまで、
声掛けや手続きのサポートをさせていただきました。
次の妊婦健診来院時には、前回の悪阻は良くなったかなど
気遣う言葉をかけるようにしました。

このケーススタディに関連するトレーニング

新人看護師研修
「貴方がいるからこの病院に通いたい」
ヒューマンケアを担い、患者様をファンにする看護師を育成します。

ベテラン看護師研修
医療接遇のプロフェッショナルから学ぶ、経験を積んだ看護師のためのブラッシュアップ研修。

メディカル大人女子研修
メディカルスタッフ必見!!
医療現場を熟知した元CAコンシェルジュチームが医療者としての立ち居振る舞いを伝授。