産科医療接遇のプロフェッショナルを育成するBCラボ

[ ケーススタディ ]

産科待合で席を譲らない男性についてのお求め

現役バースコンシェルジュが伝授する「心を掴む接遇」の例

待合管理

バースコンシェルジュ 桐山

周囲の目もあり、状況によっては双方気まずい思いをさせてしまうことになります。
まずは「上から目線」にならないように配慮し、かがんだ状態で
「大変恐縮ですが、お立ちの妊婦様に席をお譲りいただけると助かります。
ご協力いただけないでしょうか」と依頼します。
お帰りの際には感謝の念をしっかりと伝えました。

このケーススタディに関連するトレーニング

新人看護師研修
「貴方がいるからこの病院に通いたい」
ヒューマンケアを担い、患者様をファンにする看護師を育成します。

ベテラン看護師研修
医療接遇のプロフェッショナルから学ぶ、経験を積んだ看護師のためのブラッシュアップ研修。

メディカル大人女子研修
メディカルスタッフ必見!!
医療現場を熟知した元CAコンシェルジュチームが医療者としての立ち居振る舞いを伝授。