産科医療接遇のプロフェッショナルを育成するBCラボ

[ ケーススタディ ]

待ち時間に関するご要望

現役バースコンシェルジュが伝授する「心を掴む接遇」の例

待合管理

バースコンシェルジュ 井上

お待たせしている心情に共感し、まずはお詫びを申し上げました。
あとどれくらいの人数や時間なのか、「採卵の件数が多い」「担当医師が執刀中」といった
お待たせしている状況の詳細も出来る限りお伝え。
また、お急ぎ理由と退出希望時間を伺って備考欄で周知したり、
会計にお越しになったらすぐにお声がけしました。
お支払いは夕方に再来院でもOK等、可能なこともご提案します。

このケーススタディに関連するトレーニング

新人看護師研修
「貴方がいるからこの病院に通いたい」
ヒューマンケアを担い、患者様をファンにする看護師を育成します。

ベテラン看護師研修
医療接遇のプロフェッショナルから学ぶ、経験を積んだ看護師のためのブラッシュアップ研修。

メディカル大人女子研修
メディカルスタッフ必見!!
医療現場を熟知した元CAコンシェルジュチームが医療者としての立ち居振る舞いを伝授。